検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


超重量級のリフト

肥満患者 特別のニーズがあります

リコは超重量級の利用者については、長い経験があります。私共は、長年にわたり肥満患者のケアと治療を専門にするいくつかの北米の大病院と密接な協力関係を持っています。これにより、特に体の大きい利用者に特別にあつらえたリフト・ソリューションの産業では、リコはパイオニア的存在です。

重い荷重を扱えるリフト器具だけでは、肥満患者の扱いについては十分ではありません。特別に適用されたリフト・アクセサリー及び最も安全なリフトの行い方についての知識のが同様に重要です。

ソリューション製品の例

  • バイキングXL床走行型リフト
    バイキング・シリーズは、適用方面と最大荷重の範囲用に設計された数種類の異なる床走行型リフトより構成されます。バイキングLとバイキングXLはそれぞれ250kg(550ポンド)と300㎏(660ポンド)のリフト能力なので、多くの肥満患者には最良の選択です。リフトはアルミ製なので、超重量の荷重でも操作が比較的楽です。バイキングXLについて詳しくは»
  • 天井取り付け型ウルトラツイン
    リコの天井取り付け型ウルトラツイン・システムは、両方で500kg(1,100ポンド)のリフト能力を持つ二つのリコロール・モーターにより構成されます。アクセサリーのウルトラ・ツイストにより、移動中もしくは移動後に体位を調節するユニークな可能性を提供します。リフトは一つ或いは二つのハンドコントロールを使って操作します。天井取り付け型ウルトラツインについて詳しくは»
  • ウルトラスリング
    ウルトラスリングは座位でのリフト及び超重量級の利用者のリフト用のスリングです。このスリングにはそれぞれのスリングバーに接続される個別の脚部分があります。ウルトラスリングの最大荷重は500 kg (1,100 ポンド)で、固定設置、或いは自立するフリー・スパンの状態で、私共のウルトラツイン・システムと組み合わせて利用します。 ウルトラスリングについて詳しくは»
  • レポシート®ウルトラ
    多くの病棟では、体重の重い利用者の褥創を防ぐための寝返りと体位替えが、難しい問題となっています。レポシート® ウルトラは超重量級の利用者用に設計されており、最大荷重は 500 kg (1,100 ポンド)です。レポ・シート® ウルトラはウルトラツイン・システムかバイキング床走行型リフトと組み合わせて利用します。レポ・シートについて詳しくは»
  • 自立型ウルトラツイン
    リフトの必要性が一時的なものであったり、固定設置が可能でない場合は、リコの自立型システムであるフリースパンが最良のソリューションです。フリースパン・ウルトラツインには直線レールと居室の広い範囲をカバーするトラバース・システム(XY走行)のご用意があります。最大重量は 500 kg (1,100 ポンド)までです。フリースパン・ウルトラツインについて詳しくは»
  • リフトパンツを用いた歩行訓練
    体重の重い利用者を立ち上がらせる事はリハビリにおいて非常に大事なステップです。例えば手術後には、ウルトラ・リフトパンツは体全体を良く支える事で、利用者が初めて歩きだす際に自信をもたらします。最大荷重は500 kg (1,100 ポンド)までです。ウルトラ・リフトパンツについて詳しくは»
共有する

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。