検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


image

水平リフト 病院における

完全に水平な体位で利用者をリフトする必要が最も多いのは病院です。手術台、X線装置への行き来、或いはベッドからストレッチャーへの移動があります。

水平にリフトされる事を必要とする多くの重傷患者は、集中治療室で処置を受けます。そこでリコは、集中治療の専門家と密接に協力しながら、患者の身体への衝撃を最低限にしたリフトと移動を可能にするいくつかのの製品を開発しました。

又、緊急及び救急車の担架への移動用の製品のご用意もあります。

ソリューション製品の例

  • オクトストレッチ
    オクトストレッチの名称は、リフト・シート或いはリフト・ストラップを押さえる八本のアームに由来します。オクトストレッチは主に外科病棟と集中治療室にて重宝されており、使用は簡単です。詳しくは »
  • ウルトラストレッチ
    超重量級の利用者用には、ウルトラストレッチがあり、ウルトラツイン天井取り付け型リフトと合わせて利用すれば、400 kg (880 ポンド)までのリフトが出来ます。ハンディーシートを使うと、リフト・シートは楽に利用者の下に入れられます。
    ウルトラストレッチについて詳しくは »
    ハンディーシートについて詳しくは »
  • フレクソストレッチ
    フレクソストレッチは構造的にはウルトラストレッチに非常に似ており、フレクソが一点釣りである事のみが異なります。ストレッチ・レベラーは、それぞれの利用者が完全に水平になるように対応する可能性を提供します。300 kg (660 ポンド)までを扱うので、リフト・シート或いはリフト・ストラップと共に利用出来ます。詳しくは »
  • リコ・ストレッチ600 IC
    火傷とか背中の損傷のある利用者の様な最も重症なケースに使用します。リフト・ストラップを押さえヘラを用いて利用者の下に入れられるので、利用者の皮膚との接触が最低限になり、利用者は体位を変える事無くリフトされます。詳しくは»
  • ハンディーチューブ
    ハンディーチューブは、低摩擦で二つのベッド間の移動を簡単にする手動式補助具です。 ハンディーチューブは経済的かつ簡単なソリューションです。詳しくは»
  • レポシート・オリジナル®
    レポシートはベッドの利用者の下にはめ込み直接、利用者リフトに接続出来ます。(天井据え付けリフトが好ましいですが、床走行型リフトの中にも組めるものがあります。)レポシートはベッドでの短い移動、或いは二つのベッド間の移動に利用します。詳しくは »

お知らせ! ここに載せたものは、リコの水平リフトのうちのごく一部でしかありません。詳しくはこちらを»

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。