検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


image

体位変換 によりベッドの上の方へ、或いは寝返り

ベッドでの短い移動を体位変換と呼びます。体位変換は介護状況で多い一般的な作業です。

利用者に寝返りを打たせたり、ベッドの上の方に移動させるのは、困難な作業です。多くの業務関連の負傷の根底に体位変換がある事も知られています。そこでリコはこの一般的な介護状況を補助するいくつかの特別の補助具を開発しました。

ソリューション製品の例

  • レポ・シート・オリジナル
    これはベッドでの寝返りと上への移動用の欠かせない補助具です。天井走行型あるは床走行型のリフトと組み合わせて使用し、常に必要な時には配備されている様にベッドに備え付けてられます。綿ポリエステル、使い捨て生地或いは、体重の重い利用者様にウルトラにてのご用意があります。詳しくは»
  • マルチ・ストラップ
    マルチ・ストラップは医療において多目的に利用できる様に開発されました。マルチ・ストラップは利用者リフトと共に用いて、利用者の腕や脚やその他の部位を持ち上げて支える、重労働を楽にします。又、マルチ・ストラップはは利用者に寝返りを打たせそのまま横になった体位を支持する為に利用出来ます。詳しくは»
  • ハンディーチューブ
    ハンディー・チューブは、下の表面との摩擦を減らしてベッドの上での移動を楽にします。ハンディー・チューブはベッドの上の方への移動、ベッドでの寝返り、二つのベッド間での移動に特に適しています。詳しくは»
  • ハンディ・シート
    ハンディー・チューブと同様に、ハンディ・シートは下の表面との摩擦を減らして利用者のリフトを楽にします。第一の適用場所はスリングの装着ですが、ハンディ・シートはベッドでの移動にも利用出来ます。この場合はだいたいハンディ・シートのより長いモデルが使用されます。詳しくは»
  • ハイテク・スリング・ガイドにてもっと適切なリフト・アクセサリーをお選び下さい。»

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。