検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


リコはシェブリオット・ビュー・センターの子供たちを助けます

ニューキャッスルのニュービギン・ホールにあるシェブリオット・ビュー・センターでは、リコの世界に知れたリコロール天井走行レール・システムが偉大な変化をもたらしました。

専用に建設された「 第二の家」は2008年3月に開設され、脳性麻痺、筋ディストロフィー、自閉症、感覚障害、その他複雑な学習障害を患う六歳から十八歳の子供五人までに、二泊から四泊までの短期休暇を提供しています。

その最新式の施設には、センサリー・ルーム(知覚を落ち着かせる部屋)、遊戯室、コンピューター・ルーム、庭が有り、訪ねてくる子供の滞在が楽しさで一杯になる事が保証されています。その上に、両親や介護者に介護責任からの短期休暇を提供します。リコはセンターの建設を通してコンサルティングを請け負い、最大限の利用と恩恵が生ずる位置への天井走行システムの設置を確保しました。

「リコ・システムは使用が楽で、子供達も大好きです。リフトされる時に完璧な快適性があるのが素晴らしいです。」とはセンターに二年間勤務している介護ワーカーであるイアン・パスターのコメントです。「子供たちにすぐに信用してもらえるので、これは強い信頼感を築く手助けになります。しばしば他のショート・ステイ介護センターからやって来た方々が、リコ・システムを見て、自分の所にも同じ設備があれば良いのにと言っています。」

センターは訪れる子供や各種団体にも大好評です。このセンターにはInvesting in Children 及び Autism Accreditationの両方の資格が与えれています。最近のOfstedレポートはセンターが全面において優秀であると報告しました。報告は、特に在所者の個別のニーズを反映し、「個別のニーズ及び希望をかなえるサポートと援助」を提供する介護計画を称賛しました。

センターの開所にあたり、ニューキャッスル議会の短期休暇サービス・マネージャーであるリン・ヤングは、「私共はこの新しい施設が何処にも負けないと感じ、シェブリオット・ビュー・センターの新しい顔を非常に誇りに思い、その将来について非常に期待しています。」と述べました。

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。