検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


天井走行型リフトの可能性
幾つかのニーズに応える

天井走行型リフトは多くの様々なニーズに応えられます。天井走行型リフトを施設のユニークなニーズに合わせるには、幾種類もの方法があります。ここでは最も一般的なものをご紹介します。

特定のリフトニーズについては、こちらをクリックして下さい。

二点間のリフト(固定レール)

二つの地点間をリフト(固定レール)解読できませんベッドから車椅子への様に、固定された二点間のリフトには固定レールが最適です。レールは直線もしくは曲線で、壁に取り付けた邪魔にならない支柱が設置されています。しかし、カーブレールは天井への設置が必須である。
固定レールは簡単、効率的で経済的な選択です。

トラバース・システム

トラバースシステムでは、多くの場所でリフト解読できませんトラバースシステムには、二つの固定レールとそれに搭載された可動レールから成ります。このシステムは、リフトと移動により自由度が増すので、多くの場合に最適な機能ソリューションです。
トラバースレールは、異なる部屋の間での移動を可能にする為にはスウィッチで接続出来ます。もう一つの重要な利点は、トラバースシステムが自動的に自ら利用者を中心に置く点です。

トラバースシステムは、ナーススタッフが最も多く選ぶ選択です。

携帯性

ニーズに変更があった場合に、リフト・モータを部屋間で簡単に移動する為の幾つかのソリューションのご用意があります。

充電オプション

壁取付け型充電器を使って、ハンドコントロールから充電

 

Liko社は、3つの標準的な充電オプションを提供しています。

  • 壁取付け型充電器を使って、ハンドコントロールから充電
  • マルチステーション - レール上の特定の位置で充電
  • インレール充電 - 常時電源に接続されているため、すぐにリフトできる状態になっています。 

充電オプションについてもっと読む »

据置式システム

天井走行型のリフトを自立した床走行型に解読できません据置式システムは固定された天井走行型リフトに並ぶ最良な選択肢です。部屋を改造せずに天井走行型リフトを試してみたいかも知れません。又、リフトの二―ズが一時的であったり、固定された設置がその他の理由で望まれないケースも有ります。更に、据置式システムには、天井と壁面に関する構造的条件がありません。

リコは非常に重量の重いリフトに際しても、固定式の設置とほとんど変わらない柔軟性を提供する多くの自立ソリューションを持っています。車輪があるので、フリースパンストレートレールは異なる部屋・区画間での移動、或いは正しい位置への調節が楽です。

部屋から部屋への天井走行型リフト

部屋から部屋への天井走行型リフト解読できませんリコはいつでも部屋から部屋へのソリューションの開拓者でした。ここでは、安全が最も大切ですが、部屋の美観も大きな要因です。リコは鴨居などを改良しなくても移動を滑らかにするソリューションを持っています。

リコロール R2Rでは、二つのモータはドアを境に部屋にひとつずつ設置され、利用者が滑らか、かつ安全に移動されます。マルチロールは同じ動きを一つだけのモータとR2Rストラップにより提供します。

カーテン・システム

リコは、天井走行型のリフトシステムと併用できるように大部屋病棟でプライバシーを確保するためのユニークないくつかのカーテン・システムを開発しました。

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。