検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


Q&A 移動終了後のスリングは車椅子にのこせますか?

リフトが終了した後でスリングは車椅子にのこせますか?

長い経験とリコ製品の開発をして来た中で、ポリエステルもしくは綿の様なスリングの選択をすれば、リフトの終了後もスリングを車椅子に残しても大丈夫だと分かりました。

残念な事に、分かっている範囲では、車椅子あるいはその他の椅子にスリングを残す可能性については、事実を基礎にした研究はありません。そこでリコは、通常通り全ての利用者について、適切な補助具と使用方法についての個別の評価をお勧めします。

リフトの終了後に車椅子に残す様に特別に開発されたスリングの例として、リコ・シルエットスリングがあります。シルエットスリングは生地の選択と設計により、出来る限り気障りにならない様な工夫がされています。薄いネットは熱と水分を通し、不要なストラップ、縫い目とプリーツが有りません。シルエットスリングの端部は高強度な条件から離脱する事無く、比較的薄く滑らかです。

これは未だ発生の例を見ておりませんが、シルエットスリングの端部は非常に薄いのですが、とても圧迫に敏感な方にはこれでも圧迫の跡が付く事が想定出来ます。お客様がその様に圧迫に敏感な場合には、衣類やシーツ等も圧迫の跡を残し得るので、介護もこれに対応しなければなりません。

 

image

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。