検索中・・・
検索ウィンドウを閉じて下さい

検索結果 [ ] 検索を狭める為に、タイプし続けて下さい。


Q&A サビナとカンフォートべストの働きが異なる

奥さんと一緒に、立ち上がりリフト・サビナをカンフォートベストと合わせて使っている自宅介護環境の利用者がいます。利用者が後ろに寄りかかれて、そこから直立して立った位置に持ち上がるので、ベッドからの移動は上手くいきます。しかし、車椅子からの移動の場合に同様に立てず、シートに「ぶら下がって」しまうのです。利用者は不快感を感じていませんが、上手くいっていない気がします。どうしてこうなるのですか?又どうやってこの問題を解消出来るでしょうか?

「ご説明によると、利用者はベッドでは後ろに寄りかかれるのでより良い姿勢を得られるのですが、車椅子では背もたれが邪魔になり上手くいかないそうですね。  利用者のベッドが昇降機付きのものかどうかは述べられていません。もし昇降機付きであった場合には、ベッドからの持ち上げはより高い位置からになるので、こちらの方が楽であるという事になります。

ひとつの解決策としては、これが可能であり、他の障害を起こさなければ、ば車椅子の座面の高さを上げてみる事です。

この様な問題の解決には、リコにはサビナのアクセサリーであるシート・ストラップのご用意もあります。シート・ストラップは利用者のお尻の下に導かれて、持ち上げの最初の段階で補助をします。利用者が持ち上がったら、シート・ストラップの張力は緩められて、そこで立った位置での脱衣、着衣の為に外されます。」

image

当初より、私共が製品 を開発させて頂く利用者の方への配慮を最重要視して参りました。私共のコンセプトは、常に世界中の利用者と介護者の生活の質を向上させるという日々の活動におけるビジョンを反映しています。